『しゃっふる Amiさん』

大好きな蔵前をもっと盛り上げたい――
蔵前版「ラ・ラ・ランド」をYouTubeから世界に発信。

 2020年7月20日、「蔵前の一日 さぁ、心の旅に出よう!」というムービーがYouTubeから世界に発信されました。蔵前の街を舞台に、一人の少年が心の旅に出るというストーリーです。浅草雷門の前で、少年はミュージシャンらしき男が落とした「Let’s go on a journey of the heart!」と書かれたメモを拾う。そこから少年の空想の旅が始まる…。


KURAMAE MOVIE PROJECT”Cheers to life with a dream! ”夢のある人生を!
Produced by しゃっふる

 このプロジェクトを発案し、様々な人に声を掛けて約5分のムービーに仕上げた仕掛人がAmiさん。蔵前/浅草にお店を構えて家族で経営する、美容健康サロン『ぐり~んりぷる』のチーフセラピストであり、『しゃっふる』(常に進化と挑戦をできるように、Amiさんが直感で魅力を感じるヒト・モノ・コトをつなぐプロジェクト)のプロデューサーであり、タップダンサーでもあります。

 昨年9月ごろ企画を立ち上げ、知人のクリエーターやショップのオーナー、芸能人、トップアスリート、ダンサーなど、彼女の人脈を総動員し、13店舗と80人の参加のもと、2月にクランクアップ。信頼とつながりで行った完全非営利のプロジェクトだそうです。

 もともと職人の街である蔵前には、近年オシャレなお店が次々とオープンしていて、新旧入り混じってワクワクする空間を創出しています。お店同士もいい関係が出来ていて、人とのつながりも良好なのです。

 Amiさんは、今まで、月1でいろんなイベントを立ち上げて、蔵前の魅力を感じてもらい、人と人とをつなげるということをやって来られました。新たな形で何か出来ないかと、木宮商店やBLUE BANANAの方たちと考えていた時に、この企画のヒントになったのが映画『ラ・ラ・ランド』でした。「歌と踊りを交えて、いろんな人が出会うというストーリーを、蔵前なら出来るかも」と思ったそうです。

 「こんな時期だからこそ、人とのつながりが貴重」だと言うAmiさん。いずれは、もっと人と人とが密に交流出来るイベントを開催したいそうです。しかしながら、6月に開催予定だった「We:」をコンセプトにしたイベントも中止の憂き目に(「We」は私たちであり、ダブル(2つ)の「e」、「entertainment-遊び」と「explor-冒険」。つまり、遊び心を持って蔵前の街を冒険しようということ)。
 それでもめげないのがAmiさんの強いところ。8月8日には、コフィノワにて「しゃっふるONLINE LIVE」を開催。コフィノワをはじめ、BLUE BANANA、バナナファクトリー、HATCOFFEE 、proto、Bar Boushu 蔵前、蔵前いせや、酒のフタバなどのお店が参加して、Live stageを中継するなど、おおいに盛り上がったそうです。

 今はSDG’sに基づいて、蔵前近辺をステージに、またオンラインを活用し、様々な企画を考案中とのことです。ちなみに、Amiさんの本名は「愛満」。まさに、愛に満ちた発想力と行動力で、これからも様々なプロジェクトを通して、蔵前を活気あふれる素敵な街にしていくことでしょう。

Amiさんとコフィノワオーナ 高橋さん

 

しゃっふる Amiさん

 株式会社 あんせな
 住所: 〒111-0041 東京都台東区元浅草4-1-6 1F
 電話: 03-5811-1818

関連記事

PickUp!

角打ちカフェ・フタバ インタビュー

今回登場するのは、先日取材した『ブルーバナナアパートメント』代表の宮田卓弥さんお気に入りの飲み屋ということでご紹介いただきました『角打ちカフ…

ページ上部へ戻る